Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/hekatoncheir/www/kojitaro/wp-content/plugins/social-networks-auto-poster-facebook-twitter-g/inc/nxs_functions_engine.php on line 173

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/hekatoncheir/www/kojitaro/wp-content/plugins/social-networks-auto-poster-facebook-twitter-g/inc/nxs_functions_engine.php on line 180
kojitaro Blog | Just another WordPress weblog | Page 2

OpenGL ES2への道2

OpenGLのパイプラインのことはわかった気分になった。
次はGLSLをと思ったんですが、下の本を手に入れたのでOpenGL ES2を調べていくことにした。

とっつきの感想としては、固定パイプライン機能がなくなって、すべてシェーダーを書かなきゃいけないので、
ハードル高い。
3Dの知識をちゃんと要求されてしまって、学習曲線が険しい感じだ。
まあ、ぼちぼちやりますけどね。

OpenGLの神髄

わけあってOpenGL ES2でプログラムを組んだほうがよさそうなんだけど、
Direct 3Dについての中途半端な知識がない状態なので、以下のような経路で学習してみることにした。

Direct 3Dの固定パイプラインの知識(今)
-> OpenGLの固定パイプライン(Direct 3Dとの差分を把握) + OpenGL ES 1
-> GLSLをざっと把握する
-> OpenGL ES 2

というわけで、OpenGLの把握を行うために、「OpenGLの真髄」という本を通読した。
たくさんあるOpenGLの機能の中で、現実的に使うものという切り口で割と短めにまとめてあって
わかった気に慣れるいい本だ。

Facebook Connectに挑戦

Facebook Connectによって何ができるのか、よくわからないから実験してみる。

簡単に設定を済ませたら、このブログがFacebook Connectのアプリケーションとして登録された。
サイドバーにFacebook Loginというボタンができたけど、なんだか動いてない気がする。

よくわからんね。うーん

犬の緑内障の確認方法

今日 獣医さんに緑内障の確認の仕方を聞いたのでメモっておく

  • 白目の部分の血管が太くうねった感じに変わる
  • まぶたの上から眼球を触った時に、ビー玉のような硬さ
  • 眼球の表面が白くなる
  • 黒目の瞳孔の部分に、黒い点が出る

うちの子は緑内障になりやすそうらしいから、まめに見てあげなくちゃ。

Life Gameを作ってみました

antsという会社の提供しているGIZMO CARDというサービスが面白そうなので、
Litfe Gameを作ってみました。

GIZMO CARDというのは簡単に言うとブログパーツみたいなものを他のところに持っていく機能を提供できるサービスです。広告が出るけど無料で使えるみたいです。
他に持っていくときに、パラメータをつけれるようなので、パターンを保存できるようにしてみました。

操作方法

  • クリックでポイントを設定して、ライフゲームのスタート条件を決めます
  • 「Start」ボタンで、ゲーム開始。このボタンを押したときの状態が保存されます
  • 「Stop」ボタンで停止
  • 「Reset」ボタンで前に保存した状態に戻ります
  • 「Clear」ボタンですべてのポイント状態をクリア
  • 右下のshareというボタンで出てくるウインドウの操作で、他のところにライフゲームを貼り付けることができます。貼り付けた先では、保存された状態が初期状態になります。面白いパターンができたらいろいろ貼り付けるという使いかたかなと。

ソースはここです
http://kojitaro.svn.beanstalkapp.com/personal/lifegame_badge

とりあえず音が再生できるようになりました

ちゃんとじゃないけど音が出るようになりました。
beanstalkapp.comというサイトにリポジトリを置くようにしてみました。

http://kojitaro.svn.beanstalkapp.com/personal/as3_sound

Flashでの内部フォーマットは44.1kHz 16bit Float ステレオなので、
それにあわせて、読み込んでサンプリングレートを変換する必要があるのですが、
それをただ補間する処理を入れたらやっぱり変な音になりました。
音は波なので当たり前なんですが。
次はそれを実装しようかなあ。


AS3でWAVEファイルを読み込んでみる

ActionScript3を使ってサウンド回りをいじってい見たいと思っていたので、

する。

一段目として、WAVEファイルを読み込んでパースしてみる

昔Cで書いたことあるきがするけど、CよりASは断然早く実装できるなあ。

といいつつ、鳴らすところはこれから。

ちゃんと実装されているかは、ようわからん。

ajaxを再学習

JavaScriptがいまひとつわからないので、JavaScriptを再度勉強してみる。

まずは、Ajaxかなとおもって、Head Rush Ajaxを一通りやってみた。

Head Rush Ajax ―学びながら読むAjax入門

Head Rush Ajax ―学びながら読むAjax入門

結論から言うと、Ajaxは別に知ってるなあ。

知らないこともわかった、CSSとHTMLの新しい時流がわからないのが、

JavaScriptがわからない感の原因のようだ。

次は、プログラマー向けのCSS学習本とかを眺めてみようかなあ。

MacBook でBootCamp

LetsNote Y5を使ってたけどもう我慢できません。

Mac開発用に用意してたMacBookをBootCampで使います

スペックはだいぶ上なので、これでいいか感じだといいのですが。

とりあえず、タッチパッドがマウスをつないでいるときはOFFにしたいなあ。

Google App Engine Oilを使ってみた