Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/hekatoncheir/www/kojitaro/wp-content/plugins/social-networks-auto-poster-facebook-twitter-g/inc/nxs_functions_engine.php on line 173

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/hekatoncheir/www/kojitaro/wp-content/plugins/social-networks-auto-poster-facebook-twitter-g/inc/nxs_functions_engine.php on line 180
6月 | 2012 | kojitaro Blog

Monthly Archives: 6月 2012

node.jsでアバターダミークライアント

動くアバターチャットが出来たので次はダミークライアントを作ってみました。

ほとんどブラウザ側のソース流用なので、簡単でした。
引っかかったのは、以下のソースの部分。

サーバーに接続する処理でforce new connectionというオプションを付けてあげないと、同じサーバーへの接続はSocket?を再利用してしまうようでした。
誰得なのか分からないですが、負荷試験用のダミークライアントを作る人は注意が必要ですね。

 var socket = io.connect('http://localhost:3000/',
    {'force new connection': true});

node.jsとenchant.jsでアバターチャット

node.jsとenchant.jsを組み合わせてアバターチャットを作ってみました。

Screenshot

アバターチャットを開く

これが数時間でほぼ動くようになって、プログラムの敷居が低くなったのを実感できました。

ソースはここ

機能

とりあえず実装してみたのは以下の機能だけです

  • ログインすると勝手にアバターを生成。
    avatar.enchant.jsをそのまま使ってます。
  • クリックするとそこに移動
  • メッセージを表示できる

思った事をメモ

  • herokuではweb-socketが通らないらしいので、ロングポーリングになっている模様
  • サーバーとクライアントが同じ言語で書けるのはストレスが少なく快適
  • enchant.jsのクラス定義の仕組みは分かりやすくてよい

Markdown on Save Improvedをインストールしてみた

必要がなければドキュメントはテキストファイルですね。
今までもタブで階層化したテキストを作ったりしてましたが、
どなたかが作ったMarkdownがgithubなどでも採用されて使われているので、
最近使い始めました。
Markdown

メールにそのまま貼付けたりしても特に違和感がないので気に入ってます。

今回はWordPressにMarkdown on Save Improvedというプラグインを入れてみました。

Markdown on Save Improve

どういう仕組みで動くのか今入れながら試しているので、一旦公開してみよう。